猫の食物アレルギーの症状とキャットフードによる対策方法とは?

猫の食物アレルギーの症状とキャットフードによる対策方法とは?

人間と同じく猫も食品(キャットフードなど)によってアレルギーを引き起こします。

そこで今回は、猫の食物アレルギーの症状とキャットフードによる対策方法などをまとめてみました。

猫の食物アレルギーの症状

猫の食物アレルギーの症状

食べ物によって出るアレルギーの症状には

  • 嘔吐
  • 下痢(お腹の不具合)
  • 全身のかゆみ
  • ひっかき傷
  • 脱毛
  • 発熱

などが挙げられます。

ただし、食品が必ずしも原因とは限らないので、一度病院で検査をしてみてください。

また、症状が続くようなら検査が必要ですが、一時だけの場合は体調が悪かっただけの場合もあります。

うちの猫なのですが、前足の内側(脇部分)を舐めすぎて脱毛した事があります。病院で調査しましたが詳しい詳細は分からず、ストレスが原因だったのでは?という結論にいたりました。下痢や嘔吐もたまたま体調が悪かっただけの可能性もあります。

猫の食物アレルギーを断定するには?

病院で検査すればどの食物がアレルギーなのかを見つけることができますが、何の情報もないままだとすごくお金がかかるかもしれません。

例えば「●●のキャットフードを食べると嘔吐する」と分かれば、そのキャットフードに含まれてる原材料のアレルギー検査をすれば簡単です。

そうでなく、猫のアレルギーを事前に知っておきたいなどの場合、沢山の種類のアレルギー検査するので、その分費用もかかります。

猫のアレルギー検査の費用は病院に異なりますが、相場では1万円~3万円程、調査する数を増やすともっと費用がかかります。

キャットフードによる猫の食物アレルギー対策方法

キャットフードによる猫の食物アレルギー対策方法

キャットフードによるアレルギーの対策方法は、特定の食材を抜いたフードを試して調べるだけです。

調査する食材は、まず下記の物から1つずつ抜いていきます。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 小麦
  • とうもろこし
  • 乳製品
  • ラム肉

上記はドイツの大学が猫の食物アレルギーを調査した結果の食品リストです。上から順にアレルギーとなりやすかった食品になります。

猫は肉食動物ですが、肉や魚でもアレルギーを引き起こすので、これらの食材も調べていってください。

また、アレルギーとなりやすい穀物(トウモロコシや小麦など)は、多くのキャットフードメーカーが除外食品としています。ですので、まずは穀物不使用で牛肉メインの物、次は魚メイン、鶏メインと、試してみるのがおすすめです。

原材料別おすすめキャットフード

原材料別おすすめキャットフード

穀物不使用(トウモロコシや小麦など不使用)で、おすすめのキャットフードをいくつか紹介いたします。

白身魚メイン:モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード

牛肉や鶏肉を除外したフードなら「モグニャンキャットフード」がおすすめです。

ネーミングはふざけていますが、中身はとても良いキャットフードですよ!

原材料

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン

関連記事:モグニャンキャットフードを買ってみた!口コミや評判・うちの猫のレビューを紹介!

鹿(ベニソン)メイン:ジウィピーク

ジウィピーク

牛肉・鶏肉・魚を除外したジウィピークの「エアドライ・キャットフード ベニソン」

価格が高いのはネックですが、商品の質などはとても良いプレミアムキャットフードになります。

原材料

ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンキドニー生肉、ベニソンボーン、ニュージーランド緑イ貝

関連記事:めっちゃ高いZiwiPeak(ジウィピーク)!ネットの評判とうちの猫の食レポ!

鶏肉(チキン)メイン:カナガンキャットフード

カナガンキャットフード

牛肉が除外されたキャットフードになります。※チキンメインですが、サーモンオイルが含まれています。

原材料

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

関連記事:カナガンキャットフードの評判とうちの猫の食いつきレビューを紹介!

まとめ

主に穀物がアレルギーの原因だと言われていますが、牛肉や鶏肉・魚などもアレルギーとなりやすいので、色々と試して合わない食材を探してみてください。

紹介したキャットフード以外で穀物不使用のおすすめ品は「おすすめのグレインフリー(穀物不使用)キャットフード一覧」に記載していますので、そちらも参考にどうぞ。

おすすめキャットフード

カナガンキャットフード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)